2021/05/09

【2020】中国 連続減配なし銘柄(10年以上)


中国の連続減配なし銘柄(dividend payouts no decrease)を調べてみました。

「連続減配なし銘柄」とは、複数年にわたって減配していない銘柄です。
「累進配当銘柄」のような銘柄の一覧です。

期間は、「連続増配銘柄」の調査期間と同じく、2000年~2020年です。

43銘柄あります。






■連続減配なし銘柄10年以上の銘柄


減配なし年数連続増配年数銘柄コード銘柄名予想配当利回業種
202001038長江インフラ(※)5.0%電力
202000688中国海外発展5.6%不動産
20700002中電控股(※)3.9%電力
20400900イオン・クレジット-金融
20000177江蘇高速道路6.0%道路
20000392北京控股5.3%コングロマリット
19000216建業実業-不動産
19000934シノペック冠徳4.7%石油
181601044恒安国際集団5.9%生活必需品
18000014希慎興業5.0%不動産
17200257中国光大国際6.9%コングロマリット
17000016新鴻基地産4.2%不動産
161602313申洲国際1.5%繊維
16000158万邦投資-不動産
151500823Link REIT3.9%REIT
151200384中国ガス2.1%ガス
14801883中信国際電訊8.1%通信
131301193華潤ガス2.3%ガス
13000032クロス・ハーバー-道路
13001083タウンガス4.4%ガス
121200270粤海投資5.1%コングロマリット
121200669創科実業1.0%家電
121200960龍湖集団4.0%不動産
121201099国薬控股3.7%医薬
12600034九龍建業-不動産
12600855中国水務集団4.9%水道
12000225博富臨置業-不動産
12000369永泰地産5.8%不動産
11500017新世界発展4.8%コングロマリット
11502128中国聯塑2.9%化学
11102357アビチャイナ1.0%輸送用機器
11000008PCCW7.1%通信
11000775長江ライフサ-医薬
11000992レノボグループ2.8%電子
101001299AIAグループ1.4%保険
101002607上海医薬集団3.7%医薬
10700945マニュライフ4.2%保険
10400856偉仕佳傑3.3%IT
10401972太古地産4.0%不動産
10203360遠東宏信4.5%金融
10100173嘉華国際5.4%不動産
10101186中国鉄建5.7%建設
10000012恒基兆業地産5.1%不動産




(※)(01038)長江インフラのannual reportによると24年減配してないそうです。
(※)(00002)中電控股のannual reportによると60年減配してないそうです。


以下の銘柄が、減配しました。

・(00088)大昌集団      16年減配なし→減配(減益)
・(00224)建生国際      16年減配なし→減配(減益)
・(03898)株洲中車時代電気  14年減配なし→無配(減益)
・(00808)プロスペリティREIT 10年減配なし→減配(減益)
・(00029)達力集団      10年減配なし→減配(減益)
・(00131)卓能集団      10年減配なし→減配(減益)
・(00179)ジョンソン・エレク 10年減配なし→減配(減益)
・(00230)五鉱地産      10年減配なし→減配(減益)
・(00778)フォーチュンREIT  10年減配なし→減配(減益)
・(01221)信和酒店      10年減配なし→減配(減益)
・(02356)大新銀行      10年減配なし→減配(減益)

・(00371)北控水務     9年減配なし→減配(減益)
・(00588)北京北辰実業   9年減配なし→減配(減益)
・(03618)重慶農村商業銀行 9年減配なし→減配(減益)



【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)
【2020】中国 連続増配銘柄(5年~9年)

【2019】中国 連続増配銘柄(10年以上)



ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。






2021/05/02

【2020】中国 連続増配銘柄(5年~9年)


中国の連続増配銘柄(dividend growth stocks)の5年~9年編です。
67銘柄あります。





■連続増配5年~9年の銘柄


連続増配年数銘柄コード銘柄名予想配当利回業種
900390中国中鉄5.1%建設
901109華潤置地4.5%不動産
901339中国人民保険6.9%保険
901686サンイービジョン2.4%IT
901830必痩站-サービス
800240利基控股-建設
800436新宇環保-廃棄物処理
800636ケリー・ロジ1.7%運輸
800867康哲薬業3.0%医薬
801883中信国際電訊8.1%通信
700002中電控股4.1%電力
700916龍源電力1.5%電力
700945マニュライフ4.2%保険
701066ウェイガオグループ0.9%その他製造
701238宝龍地産7.0%不動産
701448福寿園国際1.4%サービス
701816中国広核電力6.0%電力
703883中国奥園集団12.5%不動産
703968招商銀行2.7%金融
600034九龍建業-不動産
600267中国中信6.5%コングロマリット
600552中国通信服務5.5%通信用機器
600700テンセント0.3%IT
600855中国水務集団4.9%水道
600868信義ガラス3.6%ガラス
601268中国美東汽車1.7%卸売
601310香港寛頻7.1%通信
601618中国冶金科工5.9%建設
601717澳優乳業2.9%食品
601918融創中国6.9%不動産
601966中駿集団10.0%不動産
602666通用環球医療-金融
602669中海物業1.0%不動産
603380龍光地産9.8%不動産
603396聯想控股4.7%コングロマリット
606823香港電訊SS6.4%通信
500017新世界発展4.9%コングロマリット
500026中華汽車-不動産
500081中国海外宏洋8.7%不動産
500113迪生創建-小売
500123越秀地産8.1%不動産
500135昆侖能源3.0%石油
500331豊盛服務-建設
500337緑地香港-不動産
500354中軟国際0.2%IT
500411南順香港-食品
500564鄭州煤鉱機械1.5%機械
500722聯合医務-サービス
500813世茂集団8.5%不動産
500881中升集団1.2%卸売
500914安徽コンチセメント5.7%セメント
500939中国建設銀行6.7%金融
501313華潤セメント7.5%セメント
501381粤豊環保電力2.5%電力
501398中国工商銀行6.7%金融
501523プロバー・ベイ6.0%電子
501579頤海国際0.5%食品
501600中国天倫ガス4.7%ガス
501898中国中煤能源4.6%石炭
502128中国聯塑2.9%化学
502318中国平安保険3.4%保険
502688新奥能源2.0%ガス
503323中国建材5.5%セメント
503328交通銀行8.0%金融
503331維達国際1.8%生活必需品
503339中国龍工8.6%機械
503900緑城中国4.4%不動産






以下の銘柄が、連続増配が途切れました。

・(00884)旭輝控股    減配(特別配当なし)
・(01169)海爾電器    上場廃止
・(01628)禹洲地産    減配(特別配当なし)
・(00345)維他ダイ国際  減配(減益)
・(01061)億勝生物科技  減配(減益)
・(01233)時代中国控股  減配(減益)
・(01316)ネクスティア  減配(減益)
・(03613)北京同仁堂   減配(特別配当なし)
・(00020)ウィーロック  上場廃止
・(01093)石薬集団    コーポレートアクション
・(01336)新華人寿保険  減配(為替?)
・(01848)中国飛機租賃  減配(減益)
・(00008)PCCW      維持(減益)
・(00696)トラベルスカイ 減配(減益)
・(01113)長江実業集団  減配(減益)
・(01558)東陽光長江薬業 減配(減益)
・(06033)電訊数碼    減配(減益)
・(06836)天韻国際    無配(減益)


調べ方は、【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)と同じです。

【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)

【2019】中国 連続増配銘柄(10年以上)




ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。





2021/05/01

【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)


中国の連続増配銘柄(dividend growth stocks)を調べてみました。
香港取引所の銘柄で、調査期間は、2000年~2020年です。
ですので、最大は20年です。





■連続増配10年以上の銘柄

連続増配年数銘柄コード銘柄名予想配当利回業種
20※注01038長江インフラ5.2%電力・ガス・水道
2000688中国海外発展6.8%不動産
19-
18-
17-
16※注01044恒安国際集団5.9%生活必需品
1602313申洲国際集団1.5%繊維・アパレル
1500823Link REIT3.9%REIT
14-
1301193華潤ガス2.4%電力・ガス・水道
1200270粤海投資5.1%コングロマリット
1200384中国ガス2.1%電力・ガス・水道
1200669創科実業1.1%家電
1200960龍湖集団4.1%不動産
1201099国薬控股3.8%医薬・バイオ
1001299AIAグループ1.4%保険
1002607上海医薬3.7%医薬




※(01038)長江インフラは、annual report によると、
 24年連続増配しているそうです。

※(01044)恒安国際集団は、特別に一覧に追加。
 当サイトの下記調査方法では支払い通貨の条件にあてはまり連続増配になりませんが、
 実質的な連続増配銘柄であることを目視で確認できたため。


かなり狭い条件で調べてますので、
実際はもっと該当銘柄があると思います。
(詳細な条件は、下記調査方法参照)

例えば(00700)テンセントが1株→5株に株式分割した処理。



以下の銘柄が、連続増配が途切れました。

・(00808)プロスペREIT


以下の銘柄が、連続増配9年→10年になりませんでした。

・(00371)北控水務


【2019】中国 連続増配銘柄(10年以上)



■調査方法(注意事項)


一言でいうと、2018年と同じ調査方法です。

 1.株式分割等、コーポレートアクションは
   考慮対象外となっています。

   例えば、以下のような履歴ですと、
   株式分割で株数が2倍になり、
   もらえる配当は実質16ですが、
   連続増配の対象とはなっておりません。

    2016年 配当   10
    2017年 株式分割 1→2
    2017年 配当   8

 2.特別配当と、普通配当の区別をしておりません。

   以下のような例ですと、2017年は減配と
   みなしています。

    2015年 配当 10(普通10)
    2016年 配当 30(普通15+特別15)
    2017年 配当 20(普通20)

 3.支払い通貨による差を考慮していません。

   支払い通貨は、香港ドル、人民元、米ドルが
   多いです。ある銘柄では、支払いを年ごとに変えて
   (香港ドル→米ドル)ケースもありますが、
   同一通貨とみなしています。

    2016年 配当 10香港ドル(≒140円)
    2017年 配当 2米ドル(≒200円)
    →10から、2へ減配とみなす。





ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。






2021/04/25

(02318)中国平安保険 配当3.3% 買ってみました


(02318)中国平安保険株を始めて購入しました。
そのときの記憶をメモしてみます


予想PER 8倍
予想配当利回り 3.3%
時価総額 約9兆円


スケジュールはだいたい以下の通りです。
・12月末決算締め
・期末配当 権利落 4月下旬→支払 5月下旬
・中間配当 権利落 9月下旬→支払 10月下旬


■どんな会社?


中国の生命保険、損害保険。

保険以外では、銀行、ローン、遠隔医療等も行います。
セグメントとしては、生命保険の割合がとても大きいです。



なので、ブログ主としては、生命保険に着目して株を購入しました。

■配当履歴


2004 0.1400(-)
2005 0.0000(-)
2006 0.5400(-)
2007 0.7000(+29%)
2008 0.2000(-71%)
2009 0.4500(+125%)
2010 0.5500(+22%)
2011 0.4000(-27%)
2012 0.4500(+12%)
2013 0.6500(+44%)
2014 0.7500(+15%)
2015 0.5300(-29%)(無償割当?10株に10株)
2016 0.7500(+41%)
2017 1.5000(+100%)
2018 1.9200(+28%)
2019 2.0500(+6%)
2020 2.2000(+7%)








■前提・生命保険の用語について


生命保険の用語がとても難しくて、
ブログ主なりの理解です。
(間違えているかもしれません。)



ポイントになりそうなのが2つ。

・Premium income:実質的な保険金(月次公表値)
・Agent channel:営業員による契約獲得

■生命保険の夜明け?


当社は、生命保険の営業について、量から質への改革を数年来すすめています。
そろそろ改革の成果が出始めるのでは?と思って株を買いました。

以降は、その経緯です。

<実績の確認>

量的に、ここ数年、営業員を減らしてきました。



2021年3月末で、98.6万人(-12%)でした。

営業員の減少にあわせるように、
生命保険収入(PREMIUM INCOME)の前年比が減少してきました。



2020年までの詳細をみると、
営業員による新規契約が減っています。



2021年Q1の状況がわからないので、
NBV(New business Value:新規契約から将来得られるであろう利益)
で確認してみると、前年比が反転しました。



<会社の方針>

2020年Q4の決算で、以下のコメントをしています。
(2020 Q4)

In the next 2-3 years, Ping An Life will build stable, healthy and excellent teams comprising over one million sales agents in a quality-oriented manner, aiming to gradually increase the proportion of high-productivity, high-performing and high-income agents.

今後2~3年は、100万人の営業部隊を高パフォーマンスの質重視で構築していきます。

で、2021年Q1で約99万人なので、
そろそろ営業員を減らさない段階に入ってるんじゃないか?
と考えました。
言い換えると、業績(前年比の下降)もそろそろ底をつくのでは?ないかと。



質に関して、1人の顧客に複数の保険を販売することと、
保険以外のサービスを販売することを指していると思います。

質への転換の定量的な評価が複雑すぎて難しすぎてよくわからないんですが、
(ネット販売をすすめると、マージンの低下が起きるとかのトレードオフがありそう)
定性的に営業部隊の教育は行われているように感じました。


(2020 Q4)

The Company remained focused on protection products, but adopted an epidemic-specific product strategy to boost the sales of simple, marketable online products with lower NBV margins to accumulate customer resources and maintain customer stickiness for post-epidemic customer conversion.

NBVマージン:2019年 47.3% → 2020年 33.3% → 2021年Q1 31.4%

2020年のマージン低下は、低マージンのオンライン保険商品販売に注力したから。
→つまり、質の向上は保険商品の内容に依存している?


決算コメントの多くが生命保険改革に言及していて、ほんの一部を抜粋しましたが、
営業員の教育?はすすめているもよう。
(2020 Q4)

The top-level design of the reform was completed in 2020.



(2021 Q1)

Ping An Life’s reform has entered its comprehensive rollout and execution stage.

The agent channel adhered to a high-quality agent team development strategy in the first three months of 2021.


まとめると、

営業員の量的に、横ばい、
営業員の質的に、上もしくは横ばい

の確率が高そうに思って、株を買いました。


なお、損保の前年比月次復活は、
自動車保険に規制が入った10月ごろ?






ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。





2021/04/18

(01193)華潤ガス 連続増配13年 配当2.5% 2020年決算


連続増配13年を継続中の(01193)華潤ガスについて

予想PER 15倍
予想配当利回り 2.5%
時価総額 約1兆3000億円


スケジュールはだいたい以下の通りです。
・12月末決算締め
・期末配当 権利落 5月下旬→支払 6月中旬
・中間配当 権利落 9月下旬→支払 10月下旬

【2019】中国 連続増配銘柄(10年以上)

■どんな会社?

中国の華潤グループ傘下。中国本土で都市ガス供給大手。




都市ガス以外の事業として、
ガス関連器具販売や、電気ステーション、水素ステーション等
を徐々にはじめてます。



■配当履歴

2002 0.010
2003 0.015(+50%)
2004 0.025(+66%)
2005 0.030(+20%)
2006 0.020(-33%)
2007 0.010(-50%)※株式併合、特別配当あり
2008 0.040(+300%)
2009 0.065(+62%)
2010 0.100(+53%)
2011 0.120(+20%)
2012 0.160(+33%)
2013 0.220(+37%)
2014 0.250(+13%)
2015 0.330(+32%)
2016 0.450(+36%)
2017 0.550(+22%)
2018 0.770(+40%)
2019 0.870(+12%)
2020 0.930(+6%)

2008年に都市ガス事業へ業態転換をしました。
その際、株式併合や特別配当の特殊なコーポレートアクションを実施しています。

その後は、ハイペースの増配を続けています。


配当性向は、ここ5年およそ30%~40%を推移。





■業績


・損益計算書、キャッシュフロー計算書
2016年2017年2018年2019年2020年
Revenue
売上
32916
(+0%)
39837
(+21%)
51165
(+28%)
55835
(+9%)
55864
(+0%)
Profit for the year attributable to
Owners of the Company
最終利益
3289
(+15%)
3653
(+11%)
4450
(+21%)
5043
(+13%)
5151
(+2%)
Net cash from operating activities
営業CF
7364 7796 8341 8490 8616
Net cash used in investing activities
投資CF
-6948 -209 -6154 -3874 未公表
Net cash used in financing activities
財務CF
-5231 -3156 -1799 -1612 未公表
Payments for acquisition of property,
plant and equipment
設備投資
-3263 -4366 -5462 -3919 未公表
Distributions paid to Unitholders
配当支払
-826 -980 -1198 -1677 未公表


ガス販売量が+3%、販売単価が-3%で売上はほぼ横ばいだったものの、
ガス仕入価格も下がったことでマージンが0.01RMB/m3拡大し、
利益は増益になりました。



■2021年の見通し


まずは事業別の売上実績です。



事業別売上からわかる通り、
メインの事業は、ガス販売、ガス接続料です。

それぞれの事業別に見通しを見ていきます。


<ガス販売>

おおよそ

ガス販売売上=ガス販売量×販売単価
ガス販売利益=ガス販売量×マージン(販売単価-仕入コスト)

で決まるならば、各社の見通しをみてみると、



どの会社もガス販売だいたい2桁増を見込んでいるようです。


ちなみに、ゴールドマンサックスは、
おそらく中国政府の2030年までのエネルギー政策から逆算して、
ガス業界全体で、2022-2024年平均8%のガス消費増加を予測しています。

Compared with 2017-19, when average gas demand growth was 14% yoy, we expect slower growth of China gas demand in 2022-24, a CAGR of 8%.

また、現地の証券会社でも同様に、
ガス業界全体で、2020-2025年平均8%~10%のガス消費増加を予測しています。

with 8-10% gas national gas consumption growth in 2020-25E,

<ガス接続料>


またまた、おおよそ

ガス接続料売上=新規顧客件数×接続料単価

で決まるならば、各社の見通しをみてみると、



2020年は新規顧客件数が少なくて、
2021年は2019年の水準くらいに戻りそうです。

たしかに、華潤ガスはコメントで、
「接続工事は再開できている」と言っています。
Connection constructions were accelerated after the recovery of the pandemic, newly connected residential households were 3.05 million, cumulative connected customers continued to grow and reached 41.84 million in 2020, an increase of 10.3%.




ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。