2022/07/03

(02380)中国電力国際 配当3.2%


(02380)中国電力国際について


予想PER 16倍
予想配当利回り 3.2%
時価総額 約9300億円


スケジュールはだいたい以下の通りです。
・12月末決算締め
・期末一括配当 権利落 6月上旬→支払 6月下旬


■どんな会社?


中国の発電会社

石炭火力のほか、水力、風力、太陽光、ガス火力発電を行う。
クリーンエネルギー(水力、風力、太陽光、ガス火力)の発電容量がおよそ50%。

↓クリーンエネルギーの比率が年々高まっている様子



香港上場の発電会社ではおそらく唯一の水力発電を所有。



↑売上、利益の割合

風力と太陽光はもともと稼働時間が短く、水力は雨量によって稼働時間が増減するなか
石炭発電の売上が最も大きい。2021年は利益は赤字。

クリーンエネルギーの利益で石炭発電の赤字を相殺。
↓稼働時間



■配当履歴


2004 0.0265(-)
2005 0.0790(+198%)
2006 0.0800(+1%)
2007 0.0540(-32%)
2008 0.0450(-16%)
2009 0.0450(+0%)
2010 0.0450(+0%)
2011 0.0450(+0%)
2012 0.0900(+100%)
2013 0.1600(+77%)
2014 0.1680(+5%)
2015 0.2320(+38%)
2016 0.1600(-31%)
2017 0.0810(-49%)
2018 0.1100(+35%)
2019 0.1300(+18%)
2020 0.1300(+0%)
2021 0.0500(-61%)





配当性向はかつては40%前後でした。
2020年は76%、2021年は赤字で配当がありました。





■業績


・損益計算書、キャッシュフロー計算書
2017年2018年2019年2020年2021年
Revenue
売上
19966
(-)
23175
(+16%)
27763
(+19%)
28427
(+2%)
34734
(+22%)
Profit attributable to
Equity holders of the Company
最終利益
795
(-)
1098
(+38%)
1284
(+16%)
1708
(+33%)
-515
(-130%)
Net cash generated from operating activities
営業CF
3132 2784 5158 5501 1342
Net cash used in investing activities
投資CF
-6284 -12184 -15816 -15768 -18515
Net cash generated from financing activities
財務CF
5982 6676 10047 10346 17608
Payments for property, plant and equipment
and prepayments for construction of power plants
設備投資(投資CF)
-7554 -9430 -15200 -16168 -16959
Dividends paid
配当支払(財務CF)
-1526 -1264 -1603 -2159 -1842

2021年は中国全体の電力消費が+10.3%、電力供給が+8.1%。
当社の売電量は+11.9%、売上が+22%増となりました。

利益は原価(石炭価格)の上昇により赤字になりました。

■今後の設備投資計画


「再生可能エネを増やしていく」を定量的に考察してみます。

<言葉の定義>


「Attributable Installed Capacity(発電容量(持分))」と
「Consolidated Installed Capacity(発電容量(連結))」と、
2種類の言葉が出てきます。

意味は似てますが別に使われています。

Attributable Installed Capacity = Consolidated Installed Capacity × 株式保有比率




<設備投資計画>


設備投資計画については、発電設備容量と、
発電設備容量に占めるクリーンエネルギー比率の目標
が示されています。



それをもとに、2015年まで遡った実績と2025年の予想を逆算して
ブログ主なりにまとめたものが次の表です。



まず、会社とのQ&Aで
2024年まで毎年風力太陽光発電容量を8~10GW増やすという話があったとかないとか。

Q:公司新能源2021年投产情况和未来投产计划?

A:去年投产风电光伏3-4GW,在建会在年报中体现,比例方面风电偏多。未来规划8-10GW投产量,储备量6成是光伏,2022年维持8-10GW投产量。储能目标营收80亿,利润6亿。

以上を考慮した ブログ主予想ですが、
2021年に発電容量約29GWだったものが、
2025年に約54GWに約2倍近くになるのではないかと感じました。

ただ、毎年目標が変更される可能性があり
もっと少なくなるかもしれないです。

また、風力・太陽光は稼働時間が低いために
売上の増加率は2倍よりもっと少ないのでは?と感じました。

<アナリストコンセンサス>


それらを踏まえて、とあるサイトのアナリストコンセンサスの売上を見てみると
この記事を書いてる時点でこんな感じでした。

売上
2021:34,734
2022:40,892(+18%)
2023:45,641(+12%)
2024:51,239(+12%)

なんとなくブログ主と近い予想のような気がして腹落ちしました。


■再生可能エネの補助金(売掛金の回収)


再生可能エネを導入すると政府から補助金がもらえて、
でも未払いのまま売掛金が積みあがっている問題があります。

当社は売掛金の残高が少ないほうだとブログ主は思いますが、
今年未払い補助金にそれなりの額が支払われるかもしれないという観測があります。


政府の予算へのリンク






ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。






2022/06/14

香港に上場している外国企業を調べてみた


香港に上場している外国企業(例、(06288)ファーストリテイリング)が
どのくらいあるのか調べてみました。


■調べ方


配当を支払うときの通貨が「HKD香港ドル、RMB人民元」以外だったことのある会社です。

例えば、(06288)ファーストリテイリングなら香港取引所でも日本円基準で
配当を支払っていますので、該当します。
↓香港取引所の開示




この調べ方ですと、以下のデメリットもありますが、
フィルタの条件として調べてみました。

・無配の企業はピックアップされない
・米ドルで配当を支払っている中国企業までピックアップされる

■調査結果(画像バージョン)


1行目の「ヤンコール」の場合、
配当通貨:AUD(豪ドル)→オーストラリアの企業?
売上比率:日本27%、台湾20%、シンガポール13%





















■調査結果(表バージョン)


銘柄コード配当通貨銘柄名業種時価総額(M)売上比率上位3国(2021年)
03668AUDヤンコール石炭40140日本27、台湾20、シンガポール13
00945CADマニュライフ保険270710アジア50、米国26、カナダ22
01913EURプラダアパレル110540アジア38、欧州29、米国19
00973EURロクシタン化学34120中国17、米国17、日本14
09638EURフェレッティ輸送用機器7510欧中東アフリカ42、南北アメリカ32、アジア6
02378GBPプルーデンシャル保険258570香港24、シンガポール16、インドネシア11
06288JPYファーストリアパレル19750日本54、中国19
06889JPYダイナムジャパンサービス4970日本99、欧州1
06858JPY本間ゴルフその他製造2050日本28、韓国28、中国24
01245JPYニラクサービス293日本97、東南アジア2、中国1
06113MYRUTSマーケサービス492マレーシア100
01866SGD心連心化肥化学7640中国97
00807SGD上海実業環境水道3070中国100
06090SGDセンチュリオンサービス1720シンガポール69、英国17、マレーシア9
01085SGD亨キン科技電子1350中国88、インド0
01656SGD億仕登控股機械1290中国70、シンガポール12、ベトナム4
01730SGDLHN不動産691シンガポール87、カンボジア6、インドネシア3
03302SGD光控精技電子626シンガポール76、米国12、中国8
01843SGD快餐帝国サービス232シンガポール51、マレーシア41、インドネシア6
08313SGD傑地集団金融124シンガポール96、英国2、豪州1
00005USDHSBC金融1011440香港29、英国22、米国8
09999USDネットイースIT559340中国100?
01876USDバドワイザーAPAC飲料272810中国インド等82、日韓等18
02057USD中通快逓運輸171400中国100?
02888USDスタンダード・チャータード金融169170アジア70、アフリカ中東16、欧米13
00316USD東方海外運輸154790アジア81、欧州12、北米5
09987USDヤム・チャイナサービス135040中国100?
00151USD中国旺旺食品86150中国90以上
01179USD華住集団ホテル79730中国88、ドイツ10
00322USD康師傅食品76250中国99
00486USDUCルサール非鉄54540ロシア28、トルコ9、中国6
02588USD中銀航空租賃金融42990中国27、欧州26、アジア20
02518USD汽車之家IT33700中国100?
01691USDJS環球生活家電28480米国58、中国21、欧州12
01208USD五鉱資源非鉄27730南米70、オーストラリア20、アフリカ10
00867USD康哲薬業医薬27080中国100?
03918USDナガコープサービス27000カンボジア88、ロシア12
01910USDサムソナイトその他製造23770米国38、中国11、インド7
02285USD泉峰控股機械23630北米68、欧州23、中国6
02343USD太平洋航運運輸18230非公開(国際海運のため地域特定不可)
01258USD中国有色鉱業非鉄16000中国56、香港12、スイス12
00303USDブイテック家電15120北米45、欧州43、アジア10
01811USD中国広核新能源電力15100中国50、韓国50
00142USD第一太平食品14220インドネシア60、シンガポール15、フィリピン10
01316USDネクスティア自動車13180米国35、メキシコ24、中国20
02099USD中国黄金国際非鉄9550中国100
00179USDジョンソン・エレク機械8970欧州30、北米30、中国28
02038USD富智康通信用機器8370中国72、インド27、メキシコ1
01836USD九興控股繊維5880北米54、欧州22、中国15
00799USDIGGIT4010アジア36、北米35、欧州23
01970USDIMAXチャイナサービス2940中国香港台湾マカオ100?
01442USDインフィニティL&T運輸2390マレーシア57、シンガポール17、タイ8
00770USD上海発展投資金融1820香港100?
00133USD招商局中国基金金融1390資産比:香港ドル77、米ドル23
01358USD普華和順その他製造1190中国100?
02317USD味丹国際食品898ベトナム44、中国17、日本16
00503USD朗生医薬医薬670中国96
00685USD世界華文媒体メディア481東南アジア62、香港台湾32、北米6
00311USD聯泰控股繊維440米国51、中国19、欧州18
01832USD海天地悦旅観光302サイパン81、グアム12、ハワイ7
01747USDホーム・コントロールIT281欧州38、北米25、アジア25
00575USD寿康集団医薬274中国98、欧州2
00422USDVMEP二輪227タイ40、ベトナム27、マレーシア25
01079USD松景科技IT93アジア65、米国35







ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。













2022/06/05

(01717)澳優乳業 連続増配7年 配当3.6%


(01717)澳優乳業について


予想PER 9倍
予想配当利回り 3.6%
時価総額 約2500億円


スケジュールはだいたい以下の通りです。
・12月末決算締め
・期末一括配当 権利落 6月上旬→支払 6月下旬


【2021】中国 連続増配銘柄(5年~9年)


■どんな会社?


中国の乳製品メーカー。牛乳のほか、ヤギ乳が多いのが特徴。
自社ブランドの粉ミルクが売上の85%。



売上は中国が88%。
ほか、EU、南北アメリカ、中東、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド等。

工場は世界各地にあります。




■配当履歴


2009 0.0600(-)
2010 0.0300(-50%)
2011 0.0000(-100%)
2012 0.0000(-)
2013 0.0300(+)
2014 0.0000(-100%)
2015 0.0300(+)
2016 0.0500(+66%)
2017 0.1000(+100%)
2018 0.1500(+50%)
2019 0.2200(+46%)
2020 0.2700(+22%)
2021 0.2800(+3%)






■業績


・損益計算書、キャッシュフロー計算書
2017年2018年2019年2020年2021年
Revenue
売上
3926
(-)
5389
(+37%)
6736
(+25%)
7985
(+18%)
8873
(+11%)
Profit attributable to
Owners of the parent
最終利益
308
(-)
635
(+106%)
878
(+38%)
1004
(+14%)
1040
(+3%)
Net cash flows from operating activities
営業CF
512 531 970 1130 1071
Net cash flows used in investing activities
投資CF
-722 227 -445 -402 -606
Net cash flows used in financing activities
財務CF
339 104 -254 -494 -34
Purchases of items of property,
plant and equipment
設備投資(投資CF)
-469 -307 -208 -439 -442
Additions to other intangible assets
無形資産投資(投資CF)
-49 -54 -49 -66 -114
Dividends paid
配当支払(財務CF)
-61 -173 -208 -349 -388

2021年の売上は+11%増収でした。
効果的なマーケティング、自社ブランド品の高級化によるものでした。

2021年の粗利率は49.9%→50.4%に改善しました。
去年からの戦略(ヤギ乳を少し多めに確保、販売チャンネルにおける在庫管理強化)
により、粗利率が改善しました。


■中国の出生数低下加速


中国では、粉ミルクにとって最も重要な赤ちゃんの出生数が減っています。



国の三人子政策等により、フロスト&サリバン社は2025年の出生数は2021年水準と予想しています。


そんな状況下でも売上が増えている要因が2つ考えられます。


1つ目は、中国の乳児用粉ミルク市場は、広告戦略等で上位3社が43.7%のシェア、
上位10社が82.1%のシェアとなり、上位企業の市場占有率が高まっています


2つ目は、中国の一人当たりGDPの増加により
粉ミルクの高級化路線は続くのではないかと考えられています。


ここ数年の売上推移と売上増減理由を、売上トップの中国飛鶴と比較確認してみると、
ブログ主的に納得感はありました。



なお、中国飛鶴は売上の99%が中国です。




■米国の深刻な粉ミルク不足


ニュースによると、米国で深刻な粉ミルク不足が起きています。

米国の粉ミルク市場は、国産の上位3社で95%を占めます。
上位3社の一角のアボット社工場は最大25%を生産しますが、
衛生に関する事故が起きてリコールが発生したために深刻な粉ミルク不足となっているようです。

米国政府は、メキシコ、ドイツ、オーストラリア、イギリスの会社から
輸入を増やすようです。

今回の危機を受けて、米国政府国内産業の保護的な政策を
変更するかもしれない
という検討調査を開始しました。


なので、ブログ主的には中国の会社にもターンが回ってくるかもしれない
ということを注視したいと考えています。



ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。










2022/05/24

【2021】中国 連続減配なし銘柄(5年~9年)


中国の連続減配なし銘柄(dividend payouts no decrease)の5年~9年編です。

100銘柄あります。







■連続減配なし銘柄5年~9年の銘柄


減配なし年数連続増配年数銘柄コード銘柄名予想配当利回業種
9900867康哲薬業5.8%医薬
9701268中国美東汽車3.8%小売
9600411南順香港-食品
9000003香港チャイナガス4.1%ガス
8800916龍源電力1.2%電力
8801066ウェイガオグループ1.4%その他製造
8801448福寿園国際2.3%サービス
8801816中国広核電力5.2%電力
8803968招商銀行4.1%金融
8401373国際家居零售-小売
8200563上海実業城市-不動産
8100222ビン信集団-金融
8101100メインランド-繊維
8000089大生地産-不動産
8001036万科置業海外-不動産
8001213万保剛集団-電子
7700267中国中信7.5%コングロマリット
7700552中国通信服務5.6%通信用機器
7700868信義ガラス6.4%ガラス
7701310香港寛頻7.6%通信
7701618中国冶金科工5.2%建設
7701717澳優乳業3.5%食品
7702666通用環球医療-金融
7702669中海物業1.3%不動産
7703396聯想控股7.4%コングロマリット
7706823香港電訊SS6.6%通信
7501308海豊国際13.0%運輸
7100987中国再生能源-電力
7000327パックスグローバル5.2%IT
7000700テンセント0.4%IT
6600081中国海外宏洋9.5%不動産
6600123越秀地産7.9%不動産
6600331豊盛服務-建設
6600354中軟国際0.3%IT
6600564鄭州煤鉱機械1.4%機械
6600722聯合医務-サービス
6600881中升集団1.9%卸売
6600914安徽コンチセメント6.3%セメント
6600939中国建設銀行8.1%金融
6601381粤豊環保電力3.3%電力
6601398中国工商銀行7.8%金融
6601523プロバー・ベイ-電子
6601600中国天倫ガス7.5%ガス
6601898中国中煤能源7.6%石炭
6602318中国平安保険6.1%保険
6602688新奥能源2.8%ガス
6603323中国建材8.8%セメント
6603331維達国際2.4%生活必需品
6603900緑城中国5.1%不動産
6501045APTサテライト-通信
6400408葉氏化工-化学
6400777ネットドラゴン5.2%IT
6402341中怡国際-化学
6300966中国太平保険5.8%保険
6200142第一太平6.6%食品
6200956新天緑色能源5.2%電力
6201277力量鉱業能源-石炭
6202663応力控股-建設
6202899紫金鉱業3.3%非鉄金属
6206868天福-飲料
6100101恒隆地産5.4%不動産
6101184時捷集団-電子
6102877中国神威薬業13.4医薬
6000212南洋集団-不動産
6000337緑地香港-不動産
6000586中国海螺創業2.9%プラント
6000701北海集団-化学
6001177中国生物製薬1.5%医薬
6001577泉州匯キン-金融
6001798大唐新能源1.8%電力
6001899興達国際-その他製造
6002869緑城服務2.5%不動産
5500168青島ビール2.1%飲料
5500220統一企業中国6.6%食品
5500322康師傅7.4%食品
5500388香港証券取引所2.5%金融
5500762チャイナ・ユニ8.4%通信
5501475日清食品3.4%食品
5503933聯邦製薬2.5%医薬
5503988中国銀行9.1%金融
5506068光正教育国際11.8%サービス
5300098興発アルミ-非鉄金属
5301522京投軌道交通-IT
5200595AVコンセプト-半導体
5202319中国蒙牛乳業1.2%飲料
5203633中裕能源-ガス
5100640星謙発展-化学
5101104亜太資源-鉄鋼
5101970IMAXチャイナ4.9%サービス
5108053比優集団-卸売
5000028天安中国投資-不動産
5000719山東新華製薬-医薬
5000819天能動力国際6.2%電子
5000829神冠控股-食品
5001224中渝置地控股-不動産
5001639安捷利実業-電子
5001985美高域集団-IT
5002232晶苑国際5.2%繊維
5003991長虹佳華-家電
5008411KWネルソン-建設






以下の25銘柄が、減配しました。

・(00240)利基控股
・(00436)新宇環保
・(00636)ケリー・ロジス
・(03380)龍光地産
・(00468)紛美包装
・(01238)宝龍地産
・(03883)中国奥園集団
・(00090)普星潔能
・(00535)金地商置
・(00728)チャイナテレコム
・(00754)合生創展集団
・(01918)融創中国
・(01966)中駿集団
・(03383)雅居楽集団
・(00026)中華汽車
・(00113)迪生創建
・(00135)昆侖能源
・(00190)香港建設
・(00610)恵記集団
・(00813)世茂集団
・(00814)北京京客隆
・(01313)華潤セメント
・(01579)頤海国際
・(02100)百奥家庭互動
・(03339)中国龍工



【2021】中国 連続増配銘柄(10年以上)
【2021】中国 連続増配銘柄(5年~9年)
【2021】中国 連続減配なし銘柄(10年以上)

【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)


ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。





2022/05/22

【2021】中国 連続減配なし銘柄(10年以上)


中国の連続減配なし銘柄(dividend payouts no decrease)を調べてみました。

「連続減配なし銘柄」とは、複数年にわたって減配していない銘柄です。
「累進配当銘柄」のような銘柄の一覧です。

期間は、「連続増配銘柄」の調査期間と同じく、2000年~2021年です。

44銘柄あります。





■連続減配なし銘柄10年以上の銘柄


減配なし年数連続増配年数銘柄コード銘柄名予想配当利回業種
212101038長江インフラ(※)4.9%電力
212100688中国海外発展6.0%不動産
21100392北京控股5.5%コングロマリット
21000002中電控股(※)4.0%電力
21000177江蘇高速道路6.8%道路
20000216建業実業-不動産
20000934シノペック冠徳-石油
19000014希慎興業6.0%不動産
18300257中国光大国際7.5%コングロマリット
18000016新鴻基地産5.2%不動産
161600823Link REIT4.4%REIT
161300384中国ガス4.3%ガス
15901883中信国際電訊8.3%通信
141401193華潤ガス3.9%ガス
14000032クロス・ハーバー-道路
14001083タウンガス4.2%ガス
131300270粤海投資6.2%コングロマリット
131300669創科実業2.2%家電
131300960龍湖集団5.3%不動産
131301099国薬控股4.9%医薬
13700034九龍建業-不動産
13700855中国水務集団4.7%水道
13000225博富臨置業-不動産
13000369永泰地産6.6%不動産
12600017新世界発展7.0%コングロマリット
12202357アビチャイナ2.9%輸送用機器
12100008PCCW8.4%通信
12100992レノボグループ5.2%電子
12000775長江ライフサ-医薬
111101299AIAグループ1.9%保険
11800945マニュライフ5.7%保険
11500856偉仕佳傑4.7%IT
11501972太古地産5.1%不動産
11303360遠東宏信6.2%金融
11201186中国鉄建5.9%建設
11000173嘉華国際7.3%不動産
11000012恒基兆業地産5.5%不動産
101000390中国中鉄4.4%建設
101001109華潤置地4.8%不動産
101001339中国人民保険8.0%保険
101001686サンイービジョン3.1%IT
101001830必痩站-サービス
10603328交通銀行8.4%金融
10100086新鴻基7.9%金融




(※)(01038)長江インフラのannual reportによると25年減配してないそうです。
(※)(00002)中電控股のannual reportによると61年減配してないそうです。


以下の銘柄が、減配しました。

・(00900)イオン・クレジット 20年減配なし→減配(減益)
・(01044)恒安国際集団    18年減配なし→減配(減益)
・(02313)申洲国際      16年減配なし→減配(減益)
・(00158)万邦投資      16年減配なし→減配(減収)
・(02128)中国聯塑      11年減配なし→減配(減益)
・(02607)上海医薬集団    10年減配なし→減配(株数増加)

(00898)万事昌国際は株式併合5株→1株の影響で実質減配であることを個別に目視確認できたため、「連続減配なし銘柄10年」から除外




【2021】中国 連続増配銘柄(10年以上)
【2021】中国 連続増配銘柄(5年~9年)
【2021】中国 連続減配なし銘柄(5年~9年)

【2020】中国 連続増配銘柄(10年以上)




ブログの先パイに勧められてツイッターはじめてみました。